会長あいさつ豊田高専同窓会とは歴史活動役員評議員進路 トップページ 

ごあいさつ

豊田高専同窓会会長 照井 清一(M-17)

 同窓会の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。昨年度より会長を務めさせていただいておりますM-17回生の照井清一と申します。
 豊田高専同窓会の会長を拝命して、まず同窓会の活動を理解することから始めました。そしていくつかの行事を行っている間に時間がすぎ、任期も残すところ半年となってしまいました。
 現在、豊田高専同窓会は、以下の活動を行っています。
 
卒業生に対して
 ・同窓会誌「かきつばた」の制作・送付
 ・卒業生の連絡先提供(学年・学科制限あり、希望者のみ)
 ・総会、幹事会の運営、関東支部総会・関西支部総会への参加
在校生に対して
 ・学校活動補助(遠征費などを補助)
 ・OB講話(各学科3名のOBが講演)
 ・就職模擬面接(2班に分かれて、3名×4組)
 このように他高専に比べても活発に活動しており、学校からも高く評価されています。
 一方、その活動を支える収入は年々減少しています。特にOBからの会費の減少が大きく、平成28年度の収入の内訳は、OB39.0%、新入生からの会費27.6%、卒業生の会費納付(8年分一括)33.5%となっています。OBの方は、転勤や転居で住所が変わった際に同窓会誌が届かなくなり、途絶えてしまうケースが多くあります。また、支払いが郵便局の振り込みのみで平日になかなか行けないという声もありました。そこで今年度は以下の取り組みを行います。
 ・毎回郵便局に行かなくて済むように、銀行口座からの自動引き落としができるようにします。同封の申し込み用紙からお申込みいただけます(解約は、事務局に連絡いただければいつでもできます)。
 ・ライングループ、フェイスブックグループを作成します。同窓会や学校の行事をこちらからお知らせします。
 OBの方は住所が変わった際、ぜひ同窓会事務局にも電話またはメールでご連絡をお願いします。
 また、会費を30年以上継続して納めた方は、永年会員の権利があります。永年会員の方は、会費(2万円)をお支払いいただければ、会費は永久に不要です(ご自身の永年会員の権利が不明な方は、お気軽に事務局にお問い合わせください)。
 最後にOBの方にとってより関心の持てるより良い同窓会に少しでもしていきたいと思います。そのためのご意見・ご要望があればぜひ事務局までお知らせください。