質問受付ページへ戻る トップページ 

いただいた[質問57]への回答

質問内容

趣味・特技などを聞かれた際に、自己PRとなるべく関連付けた方が良いでしょうか。それとも自己PRは自己PR、特技は特技として答えた方が良いのでしょうか。


回答

(9名の方から回答が寄せられました)
----------
趣味・特技を答えると同時に、その魅力に対し少し説明するのが良いでしょう。その後面接官より質問があったら、次は自己PRを入れて説明するのが、自然かと思います。
(製造業)
----------
趣味・特技を聞かれたら、まずは趣味・特技を答えましょう。面接官からその後、質問が必ずあります。会話のキャッチボールを通して自己PRにつなげるべきです。
(製造業)
----------
すべて好印象となるように関連付けてください。
(製造業)
----------
関連付けられればその方がいいと考えますが、双方に関連が無いケースも当然あります。その際には別々に回答すればいいと考えます。
(建設業)
----------
趣味・特技を聞かれたら、趣味・特技を答えるのが自然です。それが自己PRにつながる内容であればベストですが、無理に結び付ける必要はありません。
(製造業)
----------
自己アピールは志望動機と関連づけした方がいいと思います。志望動機が一部に趣味・特技からくるもので、自己アピールに趣味・特技を関連づけられたものになると思います。自分の事前準備の質疑・回答を準備する中で関連性も考慮した方がより良いです。
(製造業)
----------
会社や社会に貢献するものであれば、それ自体が自己PRでしょうし、何も貢献しないものに関しては書かない方が良いかと思います。
(建設業)
----------
特技の種類による。
(建設業)
----------
全く違う方向を向いていない程度の関連性はあった方がいいと思いますが、全く同じでも経験の広さを示すという面で効果的でないと思います。
(製造業)
----------


◆事務局より
回答に対する追加質問、感想を歓迎します。

戻る