質問受付ページへ戻る トップページ 

いただいた[質問115]への回答

質問内容

面接で聞かれた志望動機や自己PRはESに書いたものをそのまま言えばよいでしょうか。

回答

(10名の方から回答が寄せられました)
----------
面接官は事前に目を通しているため、内容を補足した方がいいと思います。
丸暗記したものを読まれるより、会話として成り立っていた方がよかったです。
(公務員)
----------
ESの内容は、面接官も読み込んでいるはずです。
時間が長くならないように気を付けながら、多少ESに書いていないことを付け加えて話した方がよりご自身の事を面接官に知ってもらえるかと思います。
(建設業)
----------
志望動機はESに記した範囲で、業種、当該社の志望理由を簡潔に述べるのが良いでしょう。
更に問われればESに記したこと以外のことを加えるのもよいでしょう。自己PRもESに記したことには必ず触れ、趣味など記していないことを加えてもよいでしょう。最初の回答は簡潔にまとめることを心掛けてください。
(公務員)
----------
ESのスペースにもよるので、補足するか省略するかもありますが、面接官はその内容を理解して聞いているので、簡潔で分かりやすく答えるのが良いと思います。
(公務員)
----------
そのまま言っても問題ないと思うし、書ききれなかった分を付け足して言ってもいいと思う。
(製造業)
----------
「そのまま言う」必要はありません。
むしろ暗記した言葉が出なくなり動揺してしまうことのほうが心配です。要は、ESの書く時点で注力した「重点」「要点」などのキーワードを織り込んだ話を準備しておき、そして(簡潔に)伝えることができれば良いのです。・・・ES記載事項を暗記しておいても悪くはありません。
(建設業)
----------
基本的に読んできているので、そのまま読まれると退屈です。
+αがあってもいいかなと思います。程よく省略して、−βもあって大丈夫です。
(製造業)
----------
内容はESで見ているので、もう少し具体的に言葉で伝えたらよいでしょう。
違う内容はやめた方が良いと思います。
(建設業)
----------
面接官は、基本、ESを見て掘り下げていくのでスムーズにいえることがまず必要になります。
しかし、そのまま読むことは心象がいいとはいい難いので、自分の言葉でキーワード・エッセンスを織り交ぜつつ話すことが良いと思います。
(運輸業)
----------
面接官はES等の書類を事前にみて面接に臨みます。
ESに書いている内容で疑問を感じたことを質問するものです。質問頂いた自己PRの時は、ESの内容を元に簡単に補足したりすることが、良いと思います。いずれにしてもよりよく理解してもらうための最初の一歩だと受け止めてください。
(製造業)
----------

◆事務局より
回答に対する追加質問、感想を歓迎します。

戻る