質問受付ページへ戻る トップページ 

いただいた[質問117]への回答

質問内容

集団面接のときに、自己紹介を簡潔にまとめるコツ

回答

(10名の方から回答が寄せられました)
----------
氏名、最終学歴(学校,学科)は基本とし、卒業研究や部活、趣味など話題が広がる要素を加えるとよいでしょう。
(公務員)
----------
話す内容は、最大3項目。長く話さない。を心がけることが良いかと思います。
(製造業)
----------
考えた自己紹介のキーワードをあらかじめ抽出しておき頭の中で整理し、そのキーワードに沿って文章を組み立てれば、簡潔にアピールできると思います。
しかし、ただ繋げただけでは文が長くなる可能性があるのでしっかり練習したり場数を踏む必要があるかもしれません。
(運輸業)
----------
自己紹介は、事前に準備してください。コツは、自己分析を何度も行い、自分の軸を決めることです。
(ソフト)
----------
与えられた時間を意識し、文章としてできるだけ短めに話すと聞きやすいと思います。変に目立とうとするとだいたい失敗します。
(公務員)
----------
自分で作ってみて、ちょっと恥ずかしいですが友人や先生・両親に見てもらいましょう。あなた自身が気付かない良い点を周りの人たちはみていると思います。
(建設業)
----------
一番PRしたい部分、目立たせたい部分を簡潔な理由をつけてお話するのが良いと思いますが、いかがですか。
「私は5年間○○をしてきたので、体力には自信があります。」とか
(公務員)
----------
自己紹介は3パターン位を作っておくことを勧めます。
通常版:1分30秒、簡略版: 30秒、丁寧版:3分の三つがあれば状況に応じて使い分けれます。尚、これは結構難しいことであり、練習を必要とします。
(製造業)
----------
「自己紹介」と「自己PR」を混同しないことです。
完全分離はできない場合(内容)もありますが、この2つの回答をそれぞれ用意しておけばよいことです。
余計な話ですが、「自己紹介」の場面では、言葉を発するまえからの「心証」に注意を払うことが大切なことです。日頃から心掛けるようにしましょう。
(建設業)
----------
そのあと質問されて十分答えられる内容から順に考えて、ややこしくなりそうなことは避けるのが賢明だと思います。
(製造業)
----------

◆事務局より
回答に対する追加質問、感想を歓迎します。

戻る